HEE-HAW!

森山公一さんのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から夏休みの日記的な宿題は8/28辺りにまとめて書くタイプでした。報告その4

 HEE-HAW! 浅森坂ツアー@長崎、@福岡、@大阪、@名古屋、@さいたま、来てくれた皆さま、ありがとうございましたー。
 ランタンフェスティバルに沸く長崎。お祭り気分に身も心も浮かれつつ迎えた16日のBe-7公演は、前日からのお酒がいい具合に残り、夢見心地のままプレイできたよ。メガネ橋の上でメガネをかけたよ。
 翌17日LOGOS。今回の旅では一番大きな会場。ステージもデカくケーブルが伸びる限界まで動いたぞ。お客さんでエエ感じに大声で盛り上げる男子がいて、後半ダンサーとしてスカウトしたりしました。
 ほんで、地元QUATTRO(19日)。10年以上前に楽屋裏に書いたオセロケサイン発見。「全体を見るために山に昇る」というマヌケな誤字格言が添えられていました。その言葉を胸にツアー2度目のバンド形態。RECメンバーだけに、合わせた瞬間阿吽の呼吸で山登りできましたー。最後の強引な親子共演は見た人だけの秘密やね。すんまへん。
 20日ell.FITS ALL。バンドスタイルでは最後のライヴという事もあり、ドライヴ全開。一転、お座りコーナーではユルさ満開。ツアーも終盤に差し掛かり、緩急自在に使いこなせるようになった所で長旅は終了です。そんなもんやね、なんでもね。
 関東に戻ってきての外伝第3弾。2/22新都心HEAVEN’S ROCK。封印していたそれぞれの持ち歌を披露したのですが、先輩方の素晴らしさを再認識。いつも一緒にいるとミュージシャンだという事すら忘れて遊んでしまうんで、ここで気を引き締めれて良かったです。
 残すは明後日、札幌のみです。お近くの方は是非。雪で濡れる可能性を考慮して、パンツは2枚だ!

Maria Muldaur

『Animal Crackers in My Soup: The Songs of Shirley Temple』/Maria Muldaur
 天下のオールドタイムお母さん、昨日横浜でライヴ観てきましたー。最後のセイクレッドソング独唱で悶絶っす。実は、浅森坂ツアー中の福岡で偶然遭遇。話しかけてThe Ma’amのCD手渡しといたぞー、聞いてくれるかな? 本作は何枚か出してはる子供向けアルバムのひとつでシャーリー・テンプル歌曲集。「真夜中のオアシス」もエエけど、こうゆう可愛い部分もHEE-HAW!なんですよね。
スポンサーサイト

連チャンでライヴしてると打ち上げも連日なんで報告も遅くなるね、なんかスンマセン。その3

HEE-HAW! 浅森坂ツアー@神戸、@高松来てくれた皆さま、ありがとうございましたー。
13日神戸WYNTERLAND。客席の配置がリアルに結婚式2次会風だったんで、ステージに出た瞬間に得意のアットホーム感炸裂! 飲んで喋ってロックして、ハーバーナイトの夜は更けゆく~。
14日高松DIME。映画館を改装したというビックリな構造のライヴハウス。ナチュラルリバーヴが最高で、ついつい歌い上げちゃいましたよ。気持ちよかったー。最後に2階席に現れたオペラ座の裸怪人の事は見た人だけの秘密やね。
次は九州シリーズ。パンツの洗濯も完了です。

Kelly Willis

『Translated From Love』/Kelly Willis
移動車内のBGMは3台のiPod が入り乱れるDJ大会なんですが、アメリカーナ系女性Voコーナーで僕がプレイした一枚。去年買って聞いた時は、ちょいポップカントリーな鳴りが物足りなく感じたんですが、ハイウェイで聞くとなかなかHEE-HAW!やったでー。シュチュエーションて大事やね。

途中経過報告2

HEE-HAW! 浅森坂ツアー@渋谷、@浜松来てくれた皆さま、ありがとうございましたー。
7日のBOXXはレコーディングメンバー(女性隊)を引き連れての5人編成一発目。ゲストの誠さんに刺激されてか、珍しくクールな滑り出しでしたが、中盤のおもしろ機材トラブル辺りからは、いつもの近所のお兄ちゃん感が出て、大団円。最後の最後のハプニングは見た人だけの秘密やね。
で、11日。浜松への道中、移動車のタイヤが取れるという前代未聞のトラブル発生! 応急処置を施し、なんとかFORCEに到着。生きてる事に感謝しながら演奏したのは初めてです。信ちゃん凱旋にふさわしいホーム気分満載の暖かいライヴになったよね。
明日から長旅です。パンツ何枚いりますか?

Jim Lauderdale

『The Bluegrass Diaries』/Jim Lauderdale
やっちゃいましたねYep Roc。グラミーやで。ベストグルーグラスアルバムやで。とにかくおめでとうございます、ジムさん!永冨真梨さん!!
日本でどれくらい話題になるんかな~。
ジャンル上、例の楽器編成ですが、ロックファンにも訴えかけるに違いないHEE-HAW!な仕上がり。毛嫌いせずにいらっしゃい。

「ライヴが終わった後は飲酒に集中したいので、会場ごとにブログ更新するのは難しいみたいです」

HEE-HAW! 浅森坂ツアー@仙台、@梅島来てくれた皆さま、ありがとうございましたー!
 仙台は、初日とは思えない仕上がりっぷりに本人達がビックリしながら進行。前日~開演までのバタバタリハが嘘のようです。やる時はやるんやね、というより満員の客席に乗せられた感じです、お客さん優しかったなぁ。3月も来てね~。
 梅島の日は記録的な雪。小学校の遠足なら絶対中止な天候の下、行われたライヴは“Talk & Session”の名にふさわしく、飲んだりトイレったりじゃんけんしたり(もちろん演奏しっかりしたよ)、何でもありの大宴会でした。お客さん優しかったなぁ。BOXXも来てね~。

『From the Mars Hotel』jpg

『From the Mars Hotel』/Grateful Dead
さて、梅島のライヴ会場は店内がDEAD一色に飾られた、知る人ぞ知るパワースポットでした。そちらも嫌いじゃない方の僕は、もちろん終演後一人残ってデッド話に耳を傾けてました。で、一番好きなアルバムを聞かれ『Workinngman’s Dead』 といつもの癖で答えちゃったんですが、今の気分でいくと、へなちょこロック感が絶妙にHEE-HAW!なコレがいいかな、と。

「せっかくのツアーやし、ライヴごとにブログをマメに更新してみるのもいいかもしれないぞ」と考えてるのはお酒のせいですか?

HEE-HAW! レッドクロス来てくれた人ありがとう。あの激しいライヴでThe Ma’amはちょこっとお休み、バンドは極秘の基礎体力強化月間に入りつつ、僕は怒濤の浅森坂ツアーに突入やでー。明日は仙台、皆来てねー。

WEB 用 Tee 告知

『AMZ馬シャツ』
信ちゃんアイデアの浅森坂ツアーTEEシャツ。これってかなりHEE-HAW!アイテムですやんか。お馬さんがクレイジーに走ってますよ。しかもオーガニックコットン!マ~ムで着てもいいですか?皆着てねー。

<特報!>2/7BOXXライヴにオープニングゲストとしてあの斎藤誠さんが出演してくれはる事になりましたー。誠さん久しぶりやな~。唯一無二の甘辛ヴォイスと超絶ギタープレイでお客さんと僕をぶちのめす事間違いなしです。皆来てねー。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

moriyama

Author:moriyama
●森山公一



1973年12月11日大阪市生まれ。大学時代に結成したバンド「オセロケッツ」のソングライター/ヴォーカリストとして、97年にメジャー・デビュー。以降シングル10枚、アルバム3枚をリリース。ソロ名義のシングルも2枚発表している。他アーティストへの楽曲提供・プロデュース、マニアックな執筆活動など、幅広い分野で活躍。06年にはカントリーロックバンド「The Ma'am」を結成、都内を中心にライヴ活動を行っている。

・楽曲提供:
渡辺美里「小指」「7colours」「Blue Butterfly」「amagumo」
FUJIWARA「もしかして君だけが苦しいって思ってないかい?」
12ヒトエ「ゲッティング・ベター」redbaloon「迷い路」 他  
                          
・サウンドプロデュース:
晶「変色中果実」
jealkb「metronome」「恋傷」「julia」「黒い砂漠」『ROSES』
「誓い」「Fly」「花」「嘆きのエンドレス」『狼煙 -NOROSHI-』
平川地一丁目 「うたかた」
Organix『the nude pulse』
佐野安佳里「ヒカリの樹」

・執筆歴:
レコードコレクターズ増刊『英国ロックの深い森』
『ザ・ゴールデン・カップスのすべて』 他

・連載:季刊analog「和久井アナログ塾」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。