HEE-HAW!

森山公一さんのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛、鳥ときて~、

 HEE-HAW! 「豚は安全だから絶対大丈夫」って言うてた奴、全員出てこい!「絶対」って事は絶対ないからね。
 それはそうと、先日の出張アナログ塾で僕が出した7インチ、Danny Kirwan/FLEETWOOD MAC名義の謎めいたスプリット盤だったんですが、その「Man Of The World」(知らなかったんですけど、バラカンさん曰く「当時の大ヒット曲」だそうです。不勉強を反省しつつ)いろいろ調べてたら、Elvis Costelloが13歳の時、最初にギターで弾いた曲だった事が判明。なんか嬉しくなったりしてる今日この頃です。
 出張アナログ塾は年4回開催されるそうですので、興味のある方は是非!すごい空間やで~。 ↓前回、前々回のレポートが見れるぞ。
http://www.flying-dc.com/kw/analogjuku/ana_index.html

Almost Blue
『Almost Blue』/Elvis Costello & the Attractions
 最初にカントリーミュージックを意識させてくれた3枚のアルバムのうちのひとつ(英語的表現?他の2枚は追々紹介します)。カントリーをやってるというだけで他のコステロ作品より不当な扱いを受けてるんですが、僕は初めて聞いたときから全然違和感なかってんなぁ。改めて聞くとバンドまるごとナッシュビルに行った事が功を奏しててHEE-HAW!眼鏡がひとりでやってたらこんな独創的にならないでしょうね。ちなみに僕はproduced by BILLY SHERRILLって書いてるとレコード買っちゃう癖があるので、大変です。

スポンサーサイト

胎動

HEE-HAW! 遅くなりましたが、『CCO AMERICANA MEETING Vol.1』に来てくださったお客さま、そしてミュージシャンの皆様、本当にありがとうございましたー! お蔭様で大盛況で、バンドバーボンをすっかり飲み尽くしての楽しい一夜となりました。アメリカーナ/カントリー界の(若手?)プレイヤーの実力に、リアルに舌を巻きながら、何か大きな“うねり”みたいなモンを感じたのは僕だけですか?
焦らずじっくり育みましょうね~。

さて、前にも告知しましたが、明日は『出張!和久井アナログ 塾』@武蔵小山アゲインです。
http://www.cafe-again.co.jp/
緊張で泥酔する予定です。18:00~皆来てね~。

on the road
『On the Road』/Jesse Colin Young
さてさて、 和久井さんともよく話すのですが、カントリー音楽に元々ある黒っぽさ(誤解を招く言い回しかなぁ? でもジミー・ロジャースとかハンクとか絶対入ってるもんね)をどの程度注入していくのか、というのはゼロ世代のアメリカーナミュージシャンにとって重要な課題だと思うのですが、その点で言えばこの人あたりがポイントになってくるのではないかと、、、。ジャンルを軽く飛び越えたその音楽性はどのアルバムを聞いてもHEE-HAW! 密かに集めとるよ。こちらは76年発表のライヴ盤。ソウルやってもヴァン・モリソンよりさらっとしてるのがエエねんなぁ~。

その筋の人です

 HEE-HAW! 詳細を発表しそこねているうちに、いよいよ明日に迫ってまいりました「CCO AMERICANA MEETING Vol.1」。なんやかんやとスゴイ方々が駆けつけてくれそうで、ちょっと浮かれてます。これ500円でなかなか観られへんよ。迷てる人、全員集合!

Sidetracks.jpg
『Sidetracks』/Steve Earle
 最近息子(Justin Towns Earle、新譜いいよー)の方が話題になってる感もありますが、親父の方もちゃんと聞こうね。こちらはタイトル通りサントラ用に書いた曲や、未発表作品を集めたアルバムですが、ロックマインド全開の無頼派ヴォイスがHEE-HAW-HAW! ニルヴァーナのカヴァーとかエグイよ。こういう企画モンですら、やるべき事に筋が通ってる人は(ブルーグラスやってもグランジやっても)トータル感が出てるのが凄いね~。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

moriyama

Author:moriyama
●森山公一



1973年12月11日大阪市生まれ。大学時代に結成したバンド「オセロケッツ」のソングライター/ヴォーカリストとして、97年にメジャー・デビュー。以降シングル10枚、アルバム3枚をリリース。ソロ名義のシングルも2枚発表している。他アーティストへの楽曲提供・プロデュース、マニアックな執筆活動など、幅広い分野で活躍。06年にはカントリーロックバンド「The Ma'am」を結成、都内を中心にライヴ活動を行っている。

・楽曲提供:
渡辺美里「小指」「7colours」「Blue Butterfly」「amagumo」
FUJIWARA「もしかして君だけが苦しいって思ってないかい?」
12ヒトエ「ゲッティング・ベター」redbaloon「迷い路」 他  
                          
・サウンドプロデュース:
晶「変色中果実」
jealkb「metronome」「恋傷」「julia」「黒い砂漠」『ROSES』
「誓い」「Fly」「花」「嘆きのエンドレス」『狼煙 -NOROSHI-』
平川地一丁目 「うたかた」
Organix『the nude pulse』
佐野安佳里「ヒカリの樹」

・執筆歴:
レコードコレクターズ増刊『英国ロックの深い森』
『ザ・ゴールデン・カップスのすべて』 他

・連載:季刊analog「和久井アナログ塾」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。